ピラティスは週1回のエクササイズでも効果がでるの?

ピラティスはヨガに強い影響を生まれながらもリハビリを目的として生まれたエクササイズであり、一日も早い社会復帰を目指すために短期間で効果が出やすいように開発されているといいます。
ヨガよりも即効性に優れると言われるピラティスは、どれくらいの頻度で受ければ効果があるのでしょうか?

本記事では、ピラティスを週に1回継続して行った場合に効果がどれくらい現れるのか、探って行きたいと思います。

週1回のピラティスでも効果を得ることができます

ピラティスのエクササイズを行うと、普段の生活では使われることのない体の深層部にあるインナーマッスルが働きます。
特にお腹のインナーマッスルは今まで使ったことのないほど働かせますので、ピラティスを初めて行った方のほとんどが筋肉痛になるでしょう。

筋肉痛は通常3日〜1週間で治まりますが、始めたばかりの時には筋肉痛が治まってから次回のエクササイズを行うようにしたほうが安全と言えるでしょう。
筋肉痛をかばうことで予期せぬ場所へと負担がかかり、体を痛めることがあるからです。
また、筋肉痛の回復前は筋肉に細かな傷が出来ている状態ですので、新たに負担をかけることでその傷の悪化につながりますこともあります。

今まで自分の体を無意識に扱っていた方がピラティスを行うと、週に1回でも十分効果を感じることができると言われており、さらに日常生活でも姿勢を意識したり呼吸を深めたり、体への意識が高まることで効果もより高まるでしょう。

始めたては焦らず自分のペースで行うようにしていきましょう。

初めてピラティスを行う方は筋肉痛が治まる1週間を目安に頻度を上げていきましょう

ピラティスがジムのトレーニングと違うのは、単なる筋トレではなく、姿勢改善や呼吸法による自律神経の安定などもと伴い全身を改善していくエクササイズである点です。

筋肉痛で週に1回しか行えなくても、姿勢改善によって体への負担が減ったり、スラッとした美姿勢になったり、気分が良くなるなどの効果を感じることが出来ると言われています。お腹のインナーマッスルが働いてくると、垂れ下がった内臓が元の位置に収まりウエストも割と早い段階で引き締まると言われています。

筋肉が痛みを発している状態でさらにエクササイズを行うと、傷ついた筋肉をさらに傷つけてしまい、筋肉痛の解消にさらに時間がかかったり、筋肉痛をかばうことで他の部分を痛めたり、逆に筋肉の成長を妨げたりしてしまう恐れがあります。

運動経験が豊富な方は2,3日で筋肉痛が解消されますが、運動経験が乏しい方ほど回復に時間がかかると言われています。

十分に痛みが引いてから行うように心がけましょう。

ピラティスを続けることで、1週間かかっていた筋肉痛の解消が2,3日程度に短くなると言われていますので、その期間に応じてエクササイズの頻度を上げるとより効果的にエクササイズを行うことが出来るようになるでしょう。

ピラティスで効果を感じるのに理想的な頻度とは?

ピラティスのエクササイズによる筋肉痛の回復期間は、24時間から72時間程度かかるといわれています。
この期間は出来るだけ筋肉を休めて、筋肉の超回復を待ちましょう。

筋肉の超回復とは?
筋力トレーニングやピラティスエクササイズで筋肉に負荷をかけると、筋肉線維に小かな傷ができて炎症を起こします。その炎症により痛みを感じさせる物質が作り出され、その物質が伝わることで筋肉痛を認識します。トレーニングによって傷ついた筋線維は徐々に修復され、元の状態よりも少しだけ太く強くなります。このように筋肉が修復されて強くなる過程を筋肉の超回復(ちょうかいふく)といいます。筋肉に対する負荷と超回復を繰り返していくことで、丈夫で力強い筋肉に育てていくことが出来ます。
超回復時におすすめの食事とタイミングは?
超回復時に適した食事は、タンパク質・糖質・ビタミン・ミネラルのバランスが取れた食事です。タンパク質は負荷により傷がついた筋肉を修復するのに役立ちますし、糖質はトレーニングで消費されたエネルギーを補うとともに筋肉の分解を抑えるのに役立つ重要な役割を果たします。ビタミンやミネラルもエクササイズによって消費されているため、しっかりと補うことが大切です。

具体的には良質なタンパク質を含む豆乳や乳飲料に加え、糖質はおにぎりやパンや餅などがおすすめです。ビタミンが多い柑橘類やバナナはビタミンの補給におすすめです。超回復を促すには運動直後に食事をとると良いと言われています。例えば運動してから2時間後に食事を取った場合と直後にとった場合とでは、運同直後のほうが筋肉量が増えているという研究結果があります。筋肉量を増やすという目的であれば、トレーニングをした直後に、これらの栄養素をメインに食事をするとよいでしょう。

正し、エクササイズを行ってから一定期間立つと、トレーニング効果が無くなるのも事実です。
一般的にはエキササイズの効果は、3日以上何もしないと「筋肉」と「動かし方の教育」とも元の状態に近くなると言われています。そのため、エクササイズは週2,3回以上行うことが推奨されています。

週3回のエクササイズを3ヶ月行うと、筋肉量は30%近くアップすると言われています。
しかし、週に1回のエクササイズでも3ヶ月続けることで20%近くアップすると言われており、継続することが何よりも大切になるのです。

自分の続けられるペースで、自分の生活の一部に取り込んで行っていくのが一番良いのです。

ピラティスを気軽に自宅で行える方法もあります

ピラティスは、自分自身が今まで意識しなかった正しい体の扱い方を学ぶと同時に、正しい扱い方が出来る筋肉を強化していきます。
すなわち、自分で意識をすることが難しい体の深層筋を使いますので、できればインストラクターにしっかりと指導してもらうのが一番近道ではありますが、スタジオに継続して通うことが難しい方は、自宅でDVDなどを見てエクササイズを行うと良いでしょう。

継続してエクササイズを行える方法を選択しましょう。

ピラティスのDVDはインターネットや大型書店で入手することが出来ます。
ある一定の期間スタジオに通われた方であれば、自分自身で正しい姿勢を保ったり滑らかで正しい動きを意識することが出来ますので、DVDを見ながら効果的にピラティスを継続していくことが出来るでしょう。

子育てや介護でなかなかスタジオに通えない方や、近隣にスタジオがない方などは、ある程度の期間に集中してスタジオに通い、その後自宅でDVDでエクササイズを行っていくのも一つの方法と言えるでしょう。

(要約)ピラティスは週1回のエクササイズでも効果がでるの?

1.週1回のピラティスでも効果を得ることができます
今まで自分の体を無意識に扱っていた方がピラティスを行うと、週に1回でも十分効果を感じることができると言われており、さらに日常生活でも姿勢を意識したり呼吸を深めたり、体への意識が高まることで効果もより高まるでしょう。
始めたては焦らず自分のペースで行うようにしていきましょう。
2.初めてピラティスを行う方は筋肉痛が治まる1週間を目安に頻度を上げていきましょう
筋肉痛で週に1回しか行えなくても、姿勢改善によって体への負担が減ったり、スラッとした美姿勢になったり、気分が良くなるなどの効果を感じることが出来ると言われています。お腹のインナーマッスルが働いてくると、垂れ下がった内臓が元の位置に収まりウエストも割と早い段階で引き締まると言われています。
3.ピラティスで効果を感じるのに理想的な頻度とは?
一般的にはエキササイズの効果は、3日以上何もしないと「筋肉」と「動かし方の教育」とも元の状態に近くなると言われています。そのため、エクササイズは週2,3回以上行うことが推奨されています。
4.ピラティスを気軽に自宅で行える方法もあります
子育てや介護でなかなかスタジオに通えない方や、近隣にスタジオがない方などは、ある程度の期間に集中してスタジオに通い、その後自宅でDVDでエクササイズを行っていくのも一つの方法と言えるでしょう。


ピラティスがはじめての方でも安心してお試しできる「ピラティスモニターが¥1000」


ピラティス専門スタジオの「ピラティススタイル」。安心の専門スタジオであなたもピラティスを体験してみては?

・ピラティスがはじめての人82%

西葛西、溝の口、吉祥寺、池袋、武蔵小山、荻窪、川越、日本橋、千里中央、学芸大学、新宿、梅田、五反田、高田馬場、心斎橋、阿佐ヶ谷、銀座、門前仲町、神楽坂、三宮、高槻、京都、経堂、青葉台、成城学園前、江坂、綱島、天王寺、東陽町、駒込、下高井戸、千駄木、豊中、川崎、川西能勢口、浜田山、西荻窪、塚口、元住吉、府中、国立、国分寺、栄、立川、東新宿、調布、南森町、北千住、横浜、神保町