ピラティスで鍛えられるインナーマッスルってどんな筋肉?

皆さんはインナーマッスルという言葉を耳にしたことはありますか?
近年テレビやウェブ、雑誌でもよく取り上げられるようになったインナーマッスル。ピラティスという言葉を検索すると、必ずと言っていいほど出てくる言葉でもあります。

なんとなく体の内側にある筋肉だろうとは予測するけど、一体どこにあってどんな役割をしているのかわからないあなたへ、この記事ではインナーマッスルの基礎知識のまとめと、必要性や鍛え方を探っていきます。

インナーマッスルとはそもそもどんな筋肉なの?

筋肉は骨に近い部分から何層にも重なって体を覆っています。それら筋肉には「アウターマッスル」と「インナーマッスル」の2種類があります。アウターマッスルとは体の外側を覆い、通常の腹筋や腕立て伏せなどの筋トレで鍛えられる筋肉です。対してインナーマッスルとは、体の深層部にあり、股関節や肩関節、背骨、体幹部などについている小さな筋肉です。

股関節には、背骨から股関節にかけてある腸腰筋の他、小殿筋、外旋筋群などがあります。
肩関節周辺には、回旋筋群や前鋸筋、小胸筋など、体幹部には、体を大きく包んでいる腹横筋や背骨の部分にある多裂筋、横隔膜、骨盤底筋群があります。

インナーマッスルの役割とは

インナーマッスルの役割は、関節が外れてしまわないように繋ぎとめることです。体を動かすためのアウターマッスルに対し、インナーマッスルは姿勢や関節の位置を保ち、体を安定させるための役割が多い筋肉と言えます。

また、動きの中で微妙な調整をする、「補助的な動作」の部分を担当しています。
例えば「何かを持ち上げる」としても、手足の関節を微妙に回転させたりする動作を、柔らかく・自然に行わなくてはなりません。
つかんで引き上げる、という動作の他に関節を微妙に回転させるなどの補助的動作があって、初めて自然な動きがきるのです。

アウターマッスルよりも疲れにくいインナーマッスルは、持久性に富んでおり、有酸素運動で効果的に鍛えることが出来ます。

インナーマッスルを鍛えると良い理由は?

体の補助的動作を担当するインナーマッスルを鍛えることで、様々な動作に無駄がなくなり、「歩く」「座る」「立ち上がる」などの日常的な動作が自然になり、立ち振舞も美しくなります。

スポーツにおいてもアウターマッスルに振り回されることなく安定して無駄のない動作ができるようになり、運動能力を飛躍的に引き上げます。

ピラティスはインナーマッスルを効果的に鍛えることが出来るの?

ピラティスは、まさにインナーマッスルに意識を向けて行っていくエクササイズで、インナーマッスルの強化には効果絶大です。

ピラティスはインナーマッスルを徹底的に強化してお腹を中から凹ませる

2015.12.23
多くの著名人が取り入れるのは、単なるダイエットや筋力アップではなく、インナーマッスルの強化により均整でバランスの取れた姿勢をつくり、体の軸を安定させ、しなやかで機能的な体を作ることが出来るためです。


ピラティスがはじめての方でも安心してお試しできる「ピラティスモニターが¥1000」


ピラティス専門スタジオの「ピラティススタイル」。安心の専門スタジオであなたもピラティスを体験してみては?

・ピラティスがはじめての人82%

西葛西、溝の口、吉祥寺、池袋、武蔵小山、荻窪、川越、日本橋、千里中央、学芸大学、新宿、梅田、五反田、高田馬場、心斎橋、阿佐ヶ谷、銀座、門前仲町、神楽坂、三宮、高槻、京都、経堂、青葉台、成城学園前、江坂、綱島、天王寺、東陽町、駒込、下高井戸、千駄木、豊中、川崎、川西能勢口、浜田山、西荻窪、塚口、元住吉、府中、国立、国分寺、栄、立川、東新宿、調布、南森町、北千住、横浜、神保町